U 医療法人の設立
2 法人設立の準備

(1) 定款の作成

 医療法人の組織運営の基本を成す定款(財団の場合は寄附行為)を作成していただきます。この手引きにあるモデル定款に準じて作成してください。
 モデル定款に準じる中で、各法人が必要とする規定を設けることは可能ですが、医療法人の非営利性の原則を損なうような規定(剰余金の配当を可能にするような条文)は、当然ながら認められません。
 また、医療法で規定されている以下の必要記載事項は、必ず定めなければなりません。

定款・寄附行為必要記載事項(医療法第44条)

@ 目 的
A 名称
B その開設しようとする病院、診療所又は介護老人保健施設の名称及び開設場所
C 事務所の所在地
D 資産及び会計に関する規定
E 役員に関する規定
F 社団たる医療法人にあっては、社員たる資格の得喪に関する規定
G 解散に関する規定
H 定款又は寄附行為の変更に関する規定
I 公告の方法

(2) 設立総会の開催

 設立に当たっては、設立総会を開催し、以下の事項を議決しなければなりません。
 設立総会の議事については議事録を作成し、設立代表者が原本証明した「議事録の写し」を設立認可申請書に添付していただきます。

設立総会での議決事項

@ 設立趣旨の承認
A 社員の承認
B 定款の承認
C 出資の申し込みと財産目録の承認
D 設立後の事業計画及び収支予算の承認
E 設立時の役員選任
F 設立代表者の選任
G その他(不動産賃貸借契約の承認など)