本文へスキップ

渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所は建設業許可申請・経営事項審査を専門とする特定社会保険労務士・行政書士事務所です。

TEL. 053-434-2843

〒431-3114 静岡県浜松市東区積志町1208

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

20**年*月*日
20**年*月*日
20**年*月*日
20**年*月*日
20**年*月*日

よくある質問(FAQ)

業許可 関連

Q.個人事業で創業して5年を経過しようとしています。許可は取れますか?

A.許可の要件として5年以上とありますので、要件を満たしつつあります。ですが、創業当初から建設工事を請け負えたのかがポイントとなります。また、その注文書・請求書が必要となります。人工出しや草刈り、保守などは建設工事には当たりませんので、創業から5年とならないケースもありますので、ご注意ください。また、注文書・請求書を紛失してしまって、建設工事を請け負った証拠書類が一切ない場合は、それらの書類が揃っている5年以上が必要となります。

Q.資格がなく、実務経験だけですが、総合建設業の許可は取れますか?

A.業者さんが総合建設業という場合、業法でいう土木一式工事、建築一式工事を指すことが多いので、ここではそれらの一式工事を実務経験だけで許可が下りるのかということで回答させていただきます。法律的には、実務経験だけでも許可は取れます。ですが、土木一式工事、建築一式工事を実務経験だけで取れるケースは非常にまれです。と、いいますのも、これらの一式工事を少零細企業において、コンスタントに受注できる会社は多くなく、このため一式工事の10年経験はあまり例がありません。
土木一式工事であれば比較的取得者も多いので、資格取得が容易と思われる二級土木施工管理技士(土木)の資格を取得することが近道だと思われます。
建築一式工事では、二級建築士か二級建築施工管理技士(建築)以上の資格が必要となりますが、資格取得者が多くないのは資格取得が難しいものと想像されますので、お手伝いする立場では、実務経験での建築一式工事はかなり難しいのだろうとの印象を持っています。

Q.○○○○ですか?

A.ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。


経営事項審査 関連

Q.経審(経営事項審査)は、何のために受けるのですか?建設業の許可を取ったら、必ず受けなければなりませんか?

A.経審は公共工事を請け負いたい、つまり入札に参加したい場合に必須です。ですので、建設業の許可を取ったら、必ず受けなければいけないものではありません。が、建設業の許可を取らずに、経審だけ受けるということもできませんので、公共工事を請け負いたいと思ったら、まずは建設業の許可、続けて経審を受審する必要があります。また、経審を受けただけでは、入札に参加するための準備が整った止まりですので、入札参加資格申請という手続きも必要となります。地方公共団体では、いつでも入札参加資格申請を受け付けている県市町とそうでない県市町があります。「そうでない」とは、ある時期に入札参加資格申請手続きをしないと、しばらくの間、受け付けないということです。このため、新たに公共工事を請け負いたいという場合には、どこから出される工事を狙っているのかということも必要です。

Q.経審は行政書士に頼まなければなりませんか?

A.必ず行政書士に頼まなければならないことはありません。
 ですが、年に一回のことでかける労力を天秤にかけると、業者さん自身で手続きすることはかなり割高だと感じています。つまり、行政書士に任せたほうがコスト的には歩があると見ています。
 経験的に、2年に一度は大きめの改正があり、間の年でも改正があったりなかったり。つまり、業者さん自身で手続きする場合、毎年、経審の説明会に出席し、その勉強をする必要があるのです。さらに、説明会で聞いたとしても、行政書士でもこの場合はどうなるのか?という疑問は残る場合があり、行政書士であればネットワークを通じてその対処方法も分かりますが、業者さん自身ではなかなか答えに辿りつけません。このため、きちんと準備できれば1回で済むものをもう一度審査会場に足を運ばなければならないということも少なくありません。
 これらの労力を考えると、行政書士に任せたほうがコスト的に歩があるだろうと考えるのです。


バナースペース

渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所

〒431-3114
静岡県浜松市東区積志町1208

TEL 053-434-2843
FAX 053-434-2846