本文へスキップ

渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所は、脳・心臓疾患の労災および不支給決定後の審査請求を専門とする社会保険労務士事務所です。

TEL. 053-434-2843

〒431-3114 静岡県浜松市東区積志町1208

脳・心臓疾患の労災の概要CONCEPT

脳・心臓疾患の労災の概要

 脳・心臓疾患は、その発症の基礎となる動脈硬化、動脈瘤などの血管病変等、主に加齢、食生活、生活環境等の日常生活による諸要因や遺伝等による要因により形成され、それが徐々に進行し、増悪するといった自然経過をたどり発症に至るものとされています。

 しかしながら、仕事が特に過重であったために、血管病変等がその自然経過を超えて著しく増悪し、その結果、脳・心臓疾患が発症する場合があります。

 そのような経過をたどり発症した脳・心臓疾患は、その発症に当たって、仕事が業務が相対的に有力な原因であると判断され、労災補償の対象として取り扱うものとされています。


業務起因性の判断のフローチャート

CEO

「業務による明らかな過重負荷」とは?

1.「業務による明らかな」とは、発症の有力な原因が仕事によるものであることがはっきりしていることをいいます。

2.医学経験則に照らして、脳・心臓疾患の発症の基礎となる血管病変等をその自然経過を超えて著しく増悪させることが客観的に認められる負荷を、「過重負荷」といいます。

もともと本人が持っている動脈硬化等による血管病変や動脈瘤、心筋変性等の基礎的病態のことを「発症の基礎となる血管病変等」といいます。




そのため、業務以外による過重負荷による発症や、発症の基礎となる血管病変等の自然経過による発症では、労災補償の対象となりません。


その他

バナースペース

渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所

〒431-3114
静岡県浜松市東区積志町1208

TEL 053-434-2843
FAX 053-434-2846