渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所

Archive for the ‘02ビジネス論’ category

ほめて伸びる

1月 30th, 2013

褒めて伸ばすことが、世間では主流になっているのかなぁ?
それともなかなか出来ないことだから、声高に言われるから目立つのか?
私は「ほめて伸びる」には懐疑的。ただ、疑っている止まりなので、この点についてではなく
褒められなきゃ伸びないタイプについて、思いついたことがある。
「私はほめられて伸びるタイプです。」という人って、自分で自分をほめていないのだろうなぁと。
自己を客観視できないというか、だから自分の評価と他者との評価が一致せず、自分で褒めても他人から褒められない。
だから、自分で自分を褒めたことに自信が持てずに成長につながらないということだろうか。
自分の評価と他者の評価が一致すること事態難しいのだが
自己を客観視できれば、集団の中でのポジションくらい分かるだろう。
以前より上に位置していれば成長している証だし、平均より頑張っていれば、結果はともかく評価できるのではないだろうか?
「ほめて伸びる」について態度を留保する姿勢は継続するけれど
「ほめてられて伸びる」タイプには、密かに、自己を客観視できない輩のレッテルを貼ろうと思うw

刺激的なタイトルですが、これは本日の日経ビジネス デジタル版の記事のタイトルです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20121105/239059/?ST=pc
述べているのは、
フィル・リービン=エバーノートCEO
次の文章で腑に落ちました。
>エバーノートでは、誰もがその職務に関してボスより優秀でなければなりません。
役割の違いを言っているのだと。
そうであるならば、常に言っていることだし、求めていること。
一見、部下側の気持ちを満足させるかのような言葉ですが、その実、専門性やプロたらんとする下級者への意識をも求めている言葉に感じます。
フィル・リービン=エバーノートCEO
次の文章で腑に落ちました。
>エバーノートでは、誰もがその職務に関してボスより優秀でなければなりません。
役割の違いを言っているのだと。
そうであるならば、常に言っていることだし、求めていること。
一見、部下側の気持ちを満足させるかのような言葉ですが、その実、専門性やプロたらんとする下級者への意識をも求めている言葉に感じます。

Extra Column

You can fill this column by editing the index.php theme file. Or by Widget support.

Web Design Bournemouth Created by High Impact.
Copyright © 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所. All rights reserved.